Loading...

世界中に埋まっている地雷の数、5,000万個

誰にも見つからないように、地中に埋めて使う爆弾を「地雷(じらい)」といいます。地雷は、その上を人が歩いたり、戦車が通ったりすると起爆するように作られています。

地雷はその残忍さから「非人道的兵器」だといわれます。
特に対人地雷は「悪魔の兵器」と呼ばれるほど恐ろしいものです。対人地雷のほとんどは、人を殺すことを目的としたものではなく、ひとに大怪我をさせることを目的に開発されたといわれています。兵士が地雷で怪我をすれば、その人を助けるために、他の兵士が必要となり、殺す場合よりも敵に多くのダメージを与えられるのです。

戦争や紛争が終わっても、地雷の危険は続きます。一度埋められた地雷の発見・除去は膨大な手間やお金がかかるため、なかなか進んでいないのです。
地中に埋まった地雷は、軍人や民間人、大人や子どもの区別もなく、無差別に人を傷つけます。毎年多くの人々が、残った地雷を踏んでしまって命を落としたり、後遺症が残るほどの大怪我を負ったりしています。2015年の地雷の被害者数は、報告されているだけで6,461人もいました。

いったいどれほどの地雷が、世界中に埋まっているのでしょうか。
2001年のアメリカ国務省の報告書では、世界中に埋められている地雷の数は4,500万〜5,000万個と推定されています。
しかし、実のところ正確な数は誰も把握できていないのです。

一般財団法人 カンボジア地雷撤去キャンペーン『悪魔の兵器 地雷』
http://cmc-net.jp/html/osoroshisa2.html

特定非営利活動法人 難民を助ける会『2016年、地雷被害者数が大幅に増加』
http://www.aarjapan.gr.jp/about/news/2016/1222_2208.html

特定非営利活動法人 難民を助ける会『地雷は世界にどれくらい埋まっているの?』)
http://www.aarjapan.gr.jp/activity/landmine/landmine_mininumber.html