Loading...
2018.03.11.Sun

報道の自由度ランキング、日本は67位。

国際NGO「国境なき記者団」が、毎年、各国の報道の自由度を評価した「報道の自由度ランキング」を発表しています。

2018年のランキングでは、日本の順位は180カ国中67位で、主要7カ国のなかで最下位でした。これまでの最高位は2010年の11位です。

日本の報道に関しては、以前から情報公開の不十分さや、記者クラブ制度の閉鎖性などが指摘されています。
「記者クラブ」とは日本独自の制度で、あらかじめ決められた記者のみが、取材を許されるとするルールです。会社に属していないフリーランスの記者や、海外メディアの記者などは、取材が制限されてしまいます。記者クラブは各省庁・国会・政党・警察・裁判所などの機関で、それぞれ設置されています。

朝日新聞デジタル『報道の自由度、日本は67位』 https://www.asahi.com/articles/DA3S13468306.html Japan In-depth『日本のジャーナリズムを問う “記者クラブ制度”の弊害』 https://japan-indepth.jp/?p=29206
チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談