Loading...
2018.09.07.Fri

TENGA(テンガ)×社会【前編】成人男性の20人に1人が『腟内射精障害』。誰も教えてくれない、正しいマスターベーションの方法。

日本が抱える「少子高齢化」という問題が深刻化する一方、多くの夫婦が「不妊」の悩みを抱える時代になりました。
近年、不妊治療を受ける人の数は増え続け、国が医療費を支援する「特定不妊治療支援事業」の利用者数は、平成16〜27年度までの10年間でおよそ9倍にもなったのだそうです。

現在35歳の私自身、30歳を超えた頃から、周囲の同年代の知り合いが「妊活」という言葉を口にする機会が増えてきたことを実感しています。

ただ、一般的な認知は広がってきたものの、「妊活」の主役は今も女性なのだと認識している男性も多いのではないでしょうか。
出産を意識するのも、病院を受診するのも、不妊に苦しむのも圧倒的に女性の側で、不妊治療に積極的に参加する男性はまだまだ少ないように感じます。やはり男性と女性の間で、切迫感や当事者意識に大きな差があるのではないでしょうか。

ところが、実際には不妊の原因が男性側にあるケースも多いのだと言われています。
その一例が、国内に予備軍が270万人もいるといわれる「腟内射精障害」です。SEXの際に、きちんと腟内で射精できなくなってしまう障害で、その原因の7割は、“不適切な方法でのマスターベーション”だと言います。

今回は、腟内射精障害の男性たちのリハビリを手助けし、「男の妊活サポート」事業を進める株式会社TENGAヘルスケアを訪れ、同社取締役・佐藤雅信さんと広報・西野芙美さんにお話を伺います。

プロフィール

  • TENGAヘルスケア佐藤雅信
  • 佐藤 雅信

    1982年生まれ。2005年当時誕生直後のTENGAに入社。製品開発や海外事業に携わった後、極度の性欲減退に悩み自分を見失う。自らの人生を振り返ると性の悩みに満ちていたことに気づき、同じように性の悩みや問題を抱え、性を楽しめなくなってしまっている人のサポートをしたいと考えTENGAヘルスケアを設立。

  • TENGAヘルスケア西野芙美
  • 西野 芙美

    1989年生まれ。学生時代から性をタブー視する風潮に疑問を抱き、大学卒業後に人材紹介会社、出版社での勤務を経て2017年TENGAに入社。男性向けブランド「TENGA」、女性向けブランド「iroha」のほか、TENGAヘルスケアの広報を兼任。

  • チャリツモ船川諒
  • ライター
    ふな

    チャリツモライター。はじめてのマスターベーションは小5くらい!

妊活について
セックスで射精できなくなる、危険なマスターベーション。

ふな:今日は、アダルトトイで有名なTENGAさんが立ち上げたグループ会社株式会社TENGAヘルスケアさんに伺っています。
なんでも“性”に関わる社会課題を解決するための面白い試みをされている、と聞いて伺ったのですが…。

TENGA(テンガ)メンズトレーニングカップ

今私たちの目の前には、美しいフォルムの筒が並んでいますが…これは、まさしくTENGAですね!
でも見慣れた赤いTENGAとはちがってなにやら番号が振られています。
いったい、これはなんですか?

佐藤:これはTENGAヘルスケアが販売している「メンズトレーニングカップ」という商品です。
5段階の異なる刺激の強さを持っていて、マスターベーションすることを通じて男性機能をトレーニングするものです。
こちらは女性の「腟」の中で射精ができない「腟内射精障害」という悩みを抱える方へ向けて作られたものです。

ふな:なるほど。マスターベーションでは射精できるのに、いざセックスになると出せなくなっちゃう人のことですね。原因はなんなのでしょう。

佐藤:不適切なマスターベーションの方法が主な原因になります。
思春期に覚えた間違ったマスターベーションの方法を続けて、その刺激が癖になってしまって障害になっていくんです。この障害を乗り越えるためには、適切な形での刺激に慣らしていく必要がありますが、それを手助けするのがこのトレーニングカップです。

具体的には刺激の強いものから弱いものまで5段階ありまして、すこし強めの物から始めて、これで射精出来たら次はもう少し弱いほうにというようにだんだんとシフトしていきます。
05番の「ソフトタイプ」という物が腟から得られる刺激に近いものになっていますので、最終的にこれで射精できたら腟の中でも射精ができる可能性が高くなるんです。

TENGA(テンガ)メンズトレーニングカップとテンガヘルスケア取締役の佐藤雅信さん

ふな:禁煙の治療みたいですね。
「セックスで射精できない」という話は、なかなか話しにくい問題ではありますが、親しい友人からはちらほら聞いたことがあります。
射精障害に悩んでいる人は一体どれくらいいるのか、把握されてますか?

佐藤:日本性機能学会で発表された調査データによると、270万人ほどが腟内射精障害の疑いがあります。成人男性の20人に1人ですね。

ふな:270万人!驚きの数字ですね。
みんな、いったいどんなマスターべーションをしているんでしょう。

佐藤:俗に言う「床オナ」(正式にはプレス法)という床にペニスを押し付けて射精するマスターベーションなどが典型です。
私たちの調査によると、10代の男性の12%が床オナを経験しているという結果が出ています。

ふな:床オナ…某匿名掲示板で見かけたことがあります。
そんな危険なやり方をしている人がほんとにいるのか?とも思っていましたが、自分の子供時代を振り返ると、確かになにかにこすりつけたときに快感を覚えて、性に目覚めたように思います。
ぼくは机の角とかに、股間を押し付けると「なんか気持ちいいぞ」みたいな。

西野:女の子も床オナしますしね。

テンガヘルスケア広報の西野芙美さん

ふな:なんと!女性にもリスクが高そうですね。

西野:床オナすると、女性もセックスでオーガズムに達しづらくなってしまいますしね。

ふな:男性も女性も、床オナなどの強い刺激を与えるマスターベーションを続けると、セックスを楽しめなくなってしまうんですね…。
ちなみに、こちらの商品は何なのでしょうか?「テンガメンズルーペ」?

西野:こちらはスマホ向けの精子観察キットですね。お持ちのスマホのフロントカメラに、このルーペをセットすることで自分の精子を簡単に観察できるんです。

使い方は、まず四角いカップに精液を出していただきます。カップを傾けると目盛りが現れて、だいたいの精液量がわかるようになっています。精液量を確認したら、精液を採取ピックですくって、レンズのところに垂らす。で、これをスマホのカメラ部分に乗せると、スマホの画面で精子が動いている様子を確認できるんです。

テンガメンズルーペの使い方

ふな:おぉ!うじゃうじゃ動いている!
こんなに簡単に精子が見れるなんて!わざわざ病院に行かなくてもいいんですね。

佐藤:そうなんです。今まで男性が気軽にできる妊活って、なかなか無かったですよね。
このルーペは「男の妊活はじめの一歩!」と銘打って、まずは自分の精子がいるかどうか、ちゃんと動いているかを確認してみようということを目的としています。

ふな:僕も不妊治療のクリニックに行ったことがありますが、そのクリニックは患者さんでいっぱいで、大盛況でした。でも、来ている患者さんは見事に全員女の人でしたね。
僕も含め30歳を過ぎて不妊で悩んでいる夫婦はめちゃくちゃいますが、女性と男性で意識は違うんですよね。切迫感というか、当事者意識が女性のほうが圧倒的に高いと実感しています。

佐藤:男性が病院まで行って精液検査をするのはハードルが高いですよね。それを自宅で簡単に出来たらというところからうまれたんです。もちろん、病院でする精液検査の代わりにはならないので、あくまで簡易的なチェックではありますが、このルーペを使って全然精子がいなかったり、少ないまたは動いてない場合は早めに医療機関に行って、ちゃんとした検査をしていただきたいと思っています。
そういった男性不妊のスクリーニングという形で使っていただきたいですね。

ふな:「病院に持っていって精液検査をするから、精液をこの容器に出して」なんて言われてもすごい抵抗がありましたが、これなら女性がいないところで自分で確認できますね。

それにしても、男性の妊活市場とは、すごくいいところに着目されたんですね。これからいくらでも伸びて行きそうな予感がします。
下品な聞き方をしてしまいますが、やっぱり儲かりそうだな!っと思って進出されたのですか?

西野:実は、これらの妊活商品は、私たちが主導したというよりは、TENGAを使っていただいていたユーザー様からのリクエストがきっかけで誕生したんです。

泌尿器科の医師で、男性の不妊を専門とされている小堀善友医師から「TENGAを使って腟内射精障害の改善ができるのではないか」ということで弊社にご連絡を頂いたんです。そして、実際に腟内射精障害の患者さんを対象に、ハードタイプのTENGAから始めて、だんだん刺激の弱いTENGAがに変えていくというトレーニングを考案して、その結果を論文で発表されてもいます。

そんな小堀医師からのアプローチを受けて、さらに医療分野に特化した製品として、小堀医師ご協力のもと開発してきたのが「メンズトレーニングカップ」と「メンズルーペ」です。

ふな:なるほど。現場の声をすくいあげて事業化してきたのですね。

TENGAヘルスケアの取締役佐藤雅信氏と広報の西野芙美さん

西野:そうですね。
我々はTENGAをレジャー目的で作っていましたが、思わぬところからお声がけいただくことが非常に多いんです。
障害者の方からの声をもとに、手に障害を持つ人が握れなくてもTENGAを使えるという補助器具を作らせていただいたりもしました。

そういう土台があったので、レジャーのTENGAではなくて、「性に関する問題の改善」というヘルスケアに特化した会社としてTENGAヘルスケアをつくろうという流れになりました。

佐藤:もともとTENGA創業時に、社長の松本光一は「メディカルTENGA」だとか、医療系や障害者福祉の分野に進出したいと青写真を描いていました。それを今、少しづつ形にしていってる段階ですね。

ふな:なるほど。TENGAというとどうしてもアダルトグッズのイメージが先行しますが、医療や福祉の分野に乗り出すのは、いわば必然だったんですね。

西野:TENGAヘルスケアの事業分野は、医療福祉に加え、3本目の柱として「教育」があります。

性教育について
誰も教えてくれない、正しいマスターベーションのやり方

ふな:TENGAと教育。これまた意外な組み合わせに聞こえるかもしれませんね。その背景を教えてください。

佐藤:腟内射精障害の原因の多くは若いころの不適切なマスターベーションです。
長年間違った方法を続けて過度な刺激に慣れてしまうと、治すのってすごく難しいんです。
「メンズトレーニングカップ」などを使ってトレーニングできない事は無いですが、とても根気が要りますし、治療も長期化します。

一番の対応策はなにかというと、「予防する事」なんです。ですからマスターベーションを覚える時期に、「適切な方法」について教えるという事が必要かなと。

ふな:マスターベーションについて、学校では教えてくれませんよね。本当はすごく大切なことなのに。

佐藤:最近の教科書では「マスターベーションというものがあり“自慰”とよばれていて、好きな時にやってよい」というような記載があるのですが、その具体的なやり方、不適切な方法や、それが将来不妊に繋がることなどの記載はありません。

西野:TENGAの方で先日、18カ国の13,039人を対象に「マスターベーション世界調査」という性の意識調査を行いました。

その調査によると、性教育の実施率では日本は真ん中くらいなんです。(全体の53%が「受けたことがある」と回答)
しかし、マスターベーションについて習った経験に関しては世界で最下位でした。
マスターベーションに関する教育の実施率はブラジルが45%に対して、日本は12%しかなかったんです。
日本は全体でいうと半数以上の人がなにかしら教育機関で性教育を受けていますが、マスターベーションについてはほとんどやっていないということです。

一方で、日本はマスターベーションを始める年齢が最も若いんです。平均14.6歳でマスターベーションを始めています。

ふな:世界と比べると日本人はマスターベーションに関して早熟なんですね。
個人的には、平均はもっと早いんじゃないかと思います。(笑)
ちなみに僕は12歳くらいでしたが、佐藤さんはおいくつでしたか?

佐藤:私は、5歳でした。

ふな:おぉ!早い!床オナだったりして?

佐藤:私は床オナはやってませんでしたね。私はシャワー派でした。
股間にシャワーを当てると、水流でおちんちんがぐるぐる回転して、最後に勃つ。というような。

ふな:なんだかかわいらしい光景ですね。そんなに早くに目覚めてしまう子どももいるという証左ですね。

西野:マスターベーションを始めるのは早いのに、性教育でマスターベーションについてはきちんと教えられていない。「床オナ」は危険だよ、なんて話は学校では絶対聞かないですよね。ましてや「床オナ気持ちいいぜ」と書いてあるウェブサイトがあったりもします。

ふな:子どもには何が良いのか悪いのかわからないですし、ネットで見た間違った情報を信じてしまう危険性は大いにありますね。

西野:マスターベーションだけでなく、「性的暴行およびハラスメント」に関しての教育も、日本は最下位だということがわかりました。

体の作りの違いは教えるけれど、セックスにおいて大事な事や日常の生活に溶け込む性の話はされないというのが、日本の性教育の現状ではないでしょうか。

ふな:日本は昔から変わらず性教育後進国なんでしょうか。

西野:性教育の専門家に話を聞くと日本もある時期は教科書も充実していたのだそうです。

しかし、2003年にある養護学校での性教育が大バッシングを受けたという事件(七生養護学校事件)をきっかけに、性教育が縮小してしまったのだそうです。

七生養護学校事件

東京都日野市にある都立七生養護学校(現東京都立七生特別支援学校)で知的障害を持つ児童に対して行われていた性教育の授業内容が不適切であるとの非難を受け、東京都教育委員会が当時の校長及び教職員に対し厳重注意処分を行った事件。

1997年に七生養護学校の在校生である女子生徒が男子生徒と性的関係を持ったことが発覚し、この問題を受けて教員と保護者が協議を重ね知的障害を持つ児童に対する同校独自の性教育プログラムを開発。「こころとからだの学習」と名付けられたこの授業は男性器と女性器の部位や名称を織り込んだ歌や人形を使った授業方法で注目を集め、同様の悩みを持つ他地域の養護学校からの研修も積極的に受け入れていた。

これに対し、3名の都議が授業内容につき「常識では考えられない」「不適切」と強く非難。
七生養護学校側への非難の高まりを受けて、都教委は9月に「授業内容が不適切である」として授業に使用された教材145点を没収すると共に、当時の校長に対しては「教員の定数について虚偽の報告を行った」等の理由で教諭への降格並びに停職1ヶ月の懲戒処分を命じた。また、授業に関わった教員ら31名に対しては厳重注意処分が下されたが、処分理由はいずれも問題視された授業内容とは直接関係の無いものであった。

ふな:せっかく盛り上がってきたところだったのに、バッシングで芽がつぶされちゃったんですねえ。
すごく大事なことなのに。

西野:最近でも足立区の公立中学校で避妊や人工妊娠中絶について教えたら、都の教育委員会が学習指導要領を超える内容で「課題のある授業」として、区の教育委員会に指導をしました。

ふな:中学生には、避妊や中絶は関係ない、と。

教育の分野に入っていくのは難しそうですが、具体的にTENGAヘルスケアではどのような性教育の事業を行っているのでしょう。

佐藤:大学生への講義や大学祭でのコンドームの配布を行ったりしています。
思春期の方に対するものでは何ができるを専門家とディスカッションをしている段階で、具体的にサービス展開はこれからになります。

西野:我々はメーカーなので、専門家のと教育現場の仲立ち的な役割が多いですね。そんな立場を生かして様々なコンテンツを作っていけたらいいですね。

ふな:中学生向けの性の情報サイトとかがあればいいですね。性に関する子供相談室とか。
僕らの時代にはありませんでしたから。
大人に話せない、性の悩みはたくさんありましたもん。

佐藤:私も昔包茎で悩んでいて、訳の分からないサイトの情報を頼りに変なクリニックで包茎手術をして大変な思いをしました。大金を取られた上に、性感帯の一部を切り取られてしまって…。私のような被害者を減らしたいです。

ふな:相談できないから、怪しいサイトの情報を信じてしまうんですよね。そこにしか情報がないから。
性教育のやり方、教えかたがわからない親もいると思います。というか、ほとんどの親は性について、どう伝えればいいのかわからないのではないでしょうか。

西野:私も7つ下の弟がいるんですが。彼が幼い頃からおちんちんが剥ける剥けないを両親が結構気にしていました。あれって訓練じゃないですか。

佐藤:放っておくと癒着してしまったりとか。

西野:真性包茎ですよね。手術が必要になってしまう。

佐藤:ゴミがたまって不潔ですしね。

西野:うちの父は、弟が小さい頃から、お風呂の度に剥く練習をさせていました。「これはやっておかないと大変だから、お母さんとお風呂に入る時もやっておくんだぞ」と弟に言っていて。
ある日、弟のおちんちんが剥けた!やった!となって。そういう会話が家族の中でありました。

まだ性=エロになる前から、このように少しずつ性に関する話を家族としていると相談しやすいですと思います。
親自身がまずは性に関するタブーをはずすというか。教えなきゃいけないことを自分の中で決めるというか。性=タブーでなんでもタブーの箱に入れてしまうと、大事な情報がまったく共有されなかったりするので。

自分の性癖を出せとかは言いませんが、自分が生きていくうえで大事なこと、性について何だろうと親が考えてみるというのは大事な視点だと思いますね。

佐藤:僕の息子は3歳なのですが、もうすでに性に目覚めてます。自分で自分の乳首をいじって喜んでるんですよ。何で触ってるのって聞くと気持ち良いからっていうんですよ。しかも親の乳首もせめてきて「気持ち良い?」って聞いてくるんですよ。しかも、それがすごく上手なんですよ。乳首の転がし方とか。

ふな:(笑)
才能ですね!

佐藤:でもそういう欲求をあまり押さえつけたりは良くないから、乳首いじりはやっても良いけど、ただ、お友達としたらダメだよと教えています。他の人にしてしまうとこわいので。教育しなければあらぬ方向に行ってしまいます。

小さい頃からちゃんとそういうことに親が興味持って教えていれば良いのですけど、いきなり思春期になって急に教えるとなると難しいですよね。そもそも親と子のコミュニケーションがとれているかっていう話になるし。性の話となるとさらに一歩踏み込まないといけないですから、どういった形で導入していくのかは難しいですよね。

ふな:性教育の教え方について、サポートしてくれる情報サイトなどがあると助かりますね。

佐藤:おちんちんの洗い方を教えてくれるサイトなどはありますよ。
皮を剥くトレーニングを楽しくできる「むきむき体操」なんていうのもありますし。

西野:おちんちんに関する情報は、結構あるんです。
女性の性教育のほうがよりタブーが強くて、遅れています。

田房永子さんという漫画家が『ママだって、人間』というコミックエッセイで、子供が生まれた時のことを描いています。
その漫画で産婦人科の「ママ講座」の場面が印象的に描かれています。
講座では助産師さんが新米ママへ子供の性器の扱い方について教えてるんですが、おちんちんについては話がすごく盛り上がってお母さんたちも食いつくのに、女性器の洗い方になると沈黙を貫く。助産師さんもあまり語らない、と。
女性性器って構造がすごく複雑でデリケートなのに、十分に説明しないんです。

中を石鹸で洗ってはいけないことを知らない女性も多いですし。

ふな:え?そうなんですか?

西野:常在菌を洗い流してしまうと自浄作用が働かなくなるので、かえって炎症等のトラブルを引き起こす危険性があるんです。

TENGAヘルスケアの美人広報西野芙美さん

確かに、女性器の話はなかなか出てきませんよね。
男性器は「おちんちん」ってポップな感覚で言えますが、女性器にはそうした愛称がありませんよね。

西野:以前どこかの教育委員会で、女性器のもっと気軽な呼称を作るために真剣に討論したらしいのですが、行きついた呼び方が「おぱんぽん」だったと。

ふな:おぱんぽん!
ポップコーンみたいですね。

西野:なんでそんな破裂音ばっかりなんですかね。

ふな:そのおぱんぽんも結局は全然浸透していないわけですもんね。
タブーになっている性のカテゴリーの中でも、特に女性の性について語られて来なかったということですね。

(書き起こしライター:槻 くみこ)

ライター:
船川 諒
埼玉県久喜市在住のフリーランス。
WEBデザインをすることが多く、
このサイトも作っています。
表示が崩れていたらお知らせください。
猫を3匹飼っています。
昔っから重度の躁うつ病で、口癖は「死にたい」
お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする