Loading...
2018.01.24.Wed / update:2020.05.11

生涯にうつ病を発症する人、15人に1人

13人に一人がうつ病を生涯で一度は発症する

毎日の生活に支障をきたすほど、心がひどく落ち込み、憂鬱な気分が晴れない状態が続く病気を「うつ病」とよびます。
WHO(世界保健機関)によると世界のうつ病患者数は3億人を超えていて、年間80万人のうつ病患者が自殺しているのだそうです。

日本では2014年時点で、医療機関にかかっているうつ病(躁うつ病含む)の総患者数は約112万人。1996年には約43万人でしたが、2008年には約104万人と100万人を越え、急増しているのがわかります。(診断基準の変更なども影響しているため、単純にうつ病にかかる人が増えたとは言えません)
2013年に厚生労働省が行った調査によると、うつ病の障害有病率(一生のうちに一度は病気にかかる人の割合)は7.5%であり、15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性があるということがわかりました。

また、うつ病に似た病気で双極性障害(躁鬱病)というものがあります。双極性障害は、うつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れ、これらをくりかえす病気です。双極性障害はうつ病と症状が似ているため、初診などではうつ病と診断されることがあります。
海外では、うつ状態で病院に来ている方のうち、20~30%の方が双極性障害であるといわれています。単純計算でも、日本に数十万人の患者さんがいると見積もられますが、日本での本格的な調査が少なく、はっきりしたことはわかっていません。

うつ病は、今や誰がなってもおかしくない病気です。

この問題に取り組んでいる団体

厚生労働省が運営する情報発信サイト。ころの不調や不安に悩む働く方や、手助けをするご家族の方、職場のメンタルヘルス対策に取り組む事業者の方などの支援や、役立つ情報の提供を目的に作られた。

同じカテゴリーの記事
社会問題をやさしく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談
Bolly
普段はイラストレーターをしています。
チャリツモではチャーリーくんをはじめとしたイラストを担当。
猫と遊んでいる時が至福の時間。 http://nishiborimihoco.net/ お仕事のご相談
船川 諒
WEBデザインと、記事の執筆&編集を担当しています。
猫が好き。 お仕事のご相談