Loading...
2018.10.23.Tue

アメリカ映画における白人役者の起用率

2007年〜2012年に放映されたアメリカ映画のうち、興行収入の大きかった500作品について南カリフォルニア大学が行った調査によると、全役柄のうち76.3%が白人、10.8%が黒人、5%がアジア人、そして3.6%がその他の人種・民族によって演じられていたことがわかりました。 有色人種あるいは民族的少数派の役者の起用はおよそ25%です。

アメリカ映画の興行収入全体のうち約70%を海外で稼いでいることもあり、役者の人種に関する議論は絶えません。

なお、アメリカの人口のうち白人(ヒスパニック系を含まず)の割合は、2017年時点で約60%と言われています。

Is the Key to Diversifying Cinematic Content held in the Hand of the Black Director?
https://annenberg.usc.edu/sites/default/files/MDSCI_Race_Ethnicity_in_500_Popular_Films.pdf

United State Census
https://www.census.gov/quickfacts/fact/table/US/PST045217

ライター:やじま ゆうさく

イラスト:bolly

やじま ゆうさく
米国インディアナ州に住む学者です。
主にアメリカ、フィンランドにて教鞭を執っています。
ウィキペディアフェローも兼任。
専門(博士号)は文化とコミュニケーション及び教育ですが、他にもグローバリゼーション、ポストコロニアリズム、アジア学、日本学、現象学など、多岐にわたり興味関心があります。
趣味は、読書、料理、ピアノ、ギター、バスケットボール、ハイキング、テニス、ランニング(マラソン)、ボクシング。

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする