Loading...
2018.01.06.Sat

使用済み核燃料の保管期間は10万年

電気を発電するために、原子力発電所で使われた後の「使用済み核燃料」の放射能は使用前のおよそ1億倍にもなると言われています。人が近づけば20秒で死亡するほど危険なものです。
この使用済み核燃料の放射能がもとのウラン鉱石と同じレベルに下がるまでにかかる時間は10万年にもなります。

10万年とは、今からさかのぼると人類(ホモ・サピエンス)がアフリカから、世界各地に拡がっていったころだと言われています。まだマンモスも生きていた時代です。

10万年もの長い年月、「使用済み核燃料」を安全に保管できる保障はどこにもありません。

NHKクローズアップ現代『10万年の安全は守れるか ~行き場なき高レベル放射性廃棄物~』
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3254/1.html

チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする