Loading...
2018.02.10.Sat

衛星軌道上の宇宙ゴミは1億個以上

地球の衛生軌道上にただよう人工物をスペースデブリ(宇宙ゴミ)といいます。

宇宙船から外れたボルトや、はがれた塗装などの小さなものから、ロケットや人工衛星本体といった巨大なものまでさまざまなスペースデブリがあります。

スペースデブリは秒速7〜8kmという、ピストルの10倍以上の速さで地球のまわりを回っていて、デブリ同士がぶつかり、分裂することで無限に増え続けています。

どれくらいの数のスペースデブリがあるかというと、確認されているだけで10㎝以上の物体が約2万個、1cm以上は50~70万個、1mm以上のちいさなものは1億個を超えるともいわれています。
しかし、正確な数はわかっていないのが現状です。 やっかいなことに、デブリ同士がぶつかって、より小さなデブリに分裂して無限に増え続けているのです。(「ケスラーシンドローム」と言います)

There are more than 18,000 pieces of space debris in Earth’s orbit. There is a lot of space debris orbiting around the planet where we live, and its amount is continuously increasing every day. Space debris is a large amount of garbage in space created by space development mainly by the USA, Russia, and China. It is also called “space waste”. The space debris travelling in Earth’s orbit is twenty times faster than a bullet, at the speed of 7 km per second, and it has tremendous destructive power. It is said that even a 10 cm piece of space debris can destroy a satellite. Also, space debris has a troublesome problem. Pieces of space debris often collide with each other, and this results in generating more tiny space waste. This is called the “Kessler syndrome”. We have no way to solve the problem of space debris as of yet.
チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談