Loading...

カロリーベースの食料自給率、38%

ある国で消費される食料のうち、その国の中で作られたものがどのくらいあるのかをしめす割合が「食料自給率」です。

日本の食料自給率はどのくらいかというと、熱量で換算した「カロリーベース」では38%、金額で換算した「生産額ベース」では68%です。(2016年)
どちらの指標も、長期的に見て低下傾向が続いています。

下がり続けてきた理由として、自給率の高い「米」の消費が減り、飼料や原料を海外に依存している「畜産物」や「油脂類」の消費量が増えてきたことが挙げられます。

他の先進国の食料自給率(カロリーベース)を見てみると、アメリカ130%、フランス127%、ドイツ95%、イギリス63%となっています。これらの先進国と比べて日本の食料自給率は大幅に低いことがわかります。

農林水産省『食料自給率とは』
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/011.html

農林水産省『平成28年度食料自給率等について』
http://www.maff.go.jp/j/press/kanbo/anpo/170809.html