Loading...
2020.08.06.Thu / update:2020.09.10

無理やりに性交などをされた経験がある女性の割合

日本のジェンダーギャップ_無理やり性交等をされた割合

内閣府男女共同参画局の『男女間における暴力に関する調査』(2017年度)によると、「暴力や脅迫を用いられたものに限らず、無理やりに性交などの被害経験のある女性」の割合は7.8%でした。(男性は1.5%)

被害にあった時期で1番多かったのは20歳代で52.5%。次いで30歳代で21.3%、18・19歳で14.9%。小学生の時と回答した人も12.1%に上りました。
加害者との関係では「配偶者・元配偶者」が最も多く、「交際相手・元交際相手」、「職場・アルバイト先の関係者」、「全く知らない人」と続きます。

そして、被害にあった女性の58.9%が「恥ずかしくてだれにも言えなかったから」や「自分さえがまんすれば、なんとかこのままやっていけると思ったから」という理由で、誰にも相談をすることができませんでした。

さらに、被害にあった女性の70.2%が「加害者や被害時の状況を思い出させるようなことがきっかけで、被害を受けたときの感覚がよみがえる」や「異性と会うのが怖くなった」、「夜、眠れなくなった」などの生活上の変化があったと答えています。

2017年に刑法が改正され、強姦罪から「強制性交等罪」に罪名が変更されたのに伴い、これまでは被害者の告訴がなければ起訴することができない「親告罪」であった性犯罪が、被害者の精神的負担を減らすために、被害者の告訴がなくても起訴することができる「非親告罪」に改められました。

しかし、上述したように被害女性の約6割が誰にも相談することができなかったと答えているように、起訴以前に事件化されていない状況が数多く存在しています。

ひもっち
本名・日下部智海(TOMOMI KUSAKABE)
福岡のスラム街出身。今春、大学を卒業した23歳。ヒモ。通称「ヒモっち」。
ヨルダンでシリア難民に助けられた経験から、難民問題やイスラームの記事を書くはずが、各国でヒモとして生活。ヒモ的視点からイスラーム情報をお届け。
近安 夏海
近安 夏海
イラストレーター。イギリスの小さな港町の美大卒。特に興味がある分野はフェミニズム、環境問題とエシカルな消費、格差社会など。映画も好きです。
http://natsumic.com
船川 諒
船川 諒
WEBデザインと、記事の執筆&編集を担当しています。
猫が好き。 お仕事のご相談