Loading...

13人に1人が、LGBTなどのセクシャルマイノリティといわれています

2015年4月に行われた調査によると、日本国内でLGBTに代表されるセクシャルマイノリティ(性的少数者)に該当する人の割合は7.6%でした。およそ13人に1人の割合です。

LGBTとは、レズビアン(Lesbian=女性同性愛者)、ゲイ(Gay=男性同性愛者)バイセクシャル(Bisexual=両性愛者)、トランスジェンダー(Transgender=性同一障害など)の頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティのひとつです。

セクシャルマイノリティとは、社会の中で“これが普通だ”と思われている性のあり方に当てはまらない人たちのことを指します。

According to a survey by Dentsu’s Diversity Lab in April 2015, 7.6% of individuals in Japan identified as a sexual minority. LGBTQ+ refers to lesbian (L), gay (G), bisexual (B), transgender (T), queer or questioning one’s sexuality (Q), and other (+) for those that identify as gender fluid or don’t indentify with any particular gender or sexuality. With this result, an estimated product and services market size was calculated as 5.94 trillion yen.

株式会社電通 電通ダイバーシティ・ラボ『LGBT調査2015』
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0423-004032.html