Loading...

60代の投票率は72%、20代は34%

2017年10月に行われた衆議院議員選挙の投票率は、53.68%でした。
衆院選の選挙としては、戦後2番目に低い水準です。

年代別に見ると、60代の約72%に対して、20代は34%と半分以下しかありませんでした。

20歳以上の男女すべての国民に選挙権が与えられた最初の国政選挙は、1946年の第22回衆議院議員総選挙でしたが、このときは全年代あわせて72.08%の投票率でした。

総務省『国政選挙の年代別投票率の推移について』
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/