Loading...
2018.11.18.Sun

中国、ウイグル人100万人拘束疑惑;ムスリム容認しない姿勢を明らかに

2018 年8月、中国が新疆(しんきょう)ウイグル自治区に住むウイグル人(イスラム系)100万人を拘束している可能性があると、国連人権理事会によって報告されました。

中国に住むウイグル人は約1000万人いるため、人口の10%を拘束していることになります。
中国政府は、国選人権委員会の主張、そしてウイグル人の収容所の存在も否定しました。

また、10月に入り、中国はこれまで存在を否定していた、ウイグル人に対する「再教育キャンプ」を法制化しました。
中国政府の主張によると、過激主義をもった人を「再教育」し、中国語の教育や職業訓練をするための施設だといいます。
しかし、世界ウイグル会議によると、その中では中国国家主席に対する忠誠を誓ったり、拷問をうけることもあると言います。

中国の方針について、国際社会からは強い反発が起きています。

参考ページ

ライター:やじま ゆうさく

編集:ばんゆかこ

タグ:
やじま ゆうさく
米国インディアナ州に住む学者です。
主にアメリカ、フィンランドにて教鞭を執っています。
ウィキペディアフェローも兼任。
専門(博士号)は文化とコミュニケーション及び教育ですが、他にもグローバリゼーション、ポストコロニアリズム、アジア学、日本学、現象学など、多岐にわたり興味関心があります。
趣味は、読書、料理、ピアノ、ギター、バスケットボール、ハイキング、テニス、ランニング(マラソン)、ボクシング。

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする