Loading...
鈴木 宙夢
鈴木 宙夢
が書いた記事
  • QRコードと名前だけ、そんな選挙ポスターってアリ???選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • QRコードと名前だけ、そんな選挙ポスターってアリ???/選挙のウラ側
  • 選挙活動で使われるポスターってよく見ると、候補者の趣味が書いてあったり、コスプレをしてる人がいたり、個性が出ていて面白いですよね。

    実は、選挙のポスターって、掲示期間や場所に関しては細かい規定があるけれど、内容についてはそこまで深い言及はされてないんです。

    一応、規定のサイズ内というのと、虚偽を書いてはいけないってくらいで、どんな形や色で表現してもいいんです。
    ポスターの形を星の形やハート型にしたりしても良いし、
    過去には、QRコードと名前だけ、自分よりも大きく写した猫、文字だけ。など、インパクトのある選挙ポスターも存在したそうです。

    選挙ポスターを、じっくり見て見れば、各政党や候補者の主張したいポイントが詰まっていたり、人柄が見えたりして面白いかもしれません!もちろん、目立つことと当選することは別の話であります!

  • 2019.04.18.Thu
  • 投票“一番乗り“のトクベツな経験とは選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 「一番乗り」だけのトクベツなケイケンって!?/選挙のウラ側
  • 投票所に一番乗りするとできることって知ってますか?

    それは、「投票箱の中身を見れる」こと!

    選挙の投票の際には不正を防止するため、投票開始直前に投票箱の中をみて、投票用紙が入っていないことを確認するんです。
    そしてこの確認をするのは投票一番乗りの有権者の仕事(特権)なんですね。
    この確認については公職選挙法施行令第34条で定められており、「零票確認」や「空虚確認」と呼ばれています。

    なんと!自治体によっては、感謝状や記念品をもらったりすることもあるそう。
    因みに、この確認は期日前投票でも、満杯になった投票箱を交換したタイミングでも行われます。

    零票確認をするために、一番乗りを狙って朝早く投票所に並ぶ人も多いようですよ!

  • 2019.04.18.Thu
  • 出馬するのにお金はかかるの?選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 出馬するのにお金はかかる?/選挙のギモン
  • 選挙の立候補の届出の際には、「供託金」というお金が必要になります。

    一番高いもので、規定の得票数に届かなければ、供託金は没収されてしまいます。

    理由は、「売名行為や政治活動の意思がない人が、無責任に立候補するのを防ぐため」なのだそう。

    立候補際に必要となるこの供託金、若い人が政治家に挑戦することのハードルの一つとなっているのかもしれません。

  • 2019.04.18.Thu
  • 【コーナー名】選挙おもしろ小ネタ集 【コーナー名】選挙おもしろ小ネタ集 100% 10 投票用紙の記入、なぜ鉛筆? スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。 投票用紙の記入、なぜ鉛筆? 匿名クアッガ さんがドキュメントの編集を終了しました。選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 投票用紙の記入、なぜ鉛筆?/選挙のギモン
  • なんで、選挙の投票用紙は鉛筆で書かなければいけないのか。
    みなさん、疑問に思ったことはありませんか。
    簡単に消しゴムで消しちゃいそうだし、ボールペンでもいいんじゃないかと。

    その理由は、いくつかあるみたい。
    例えば、鉛筆の方が安い、筆圧の弱い方でも書きやすい、ボールペンだと字移りの可能性がある。などなど。

    他にも、選挙の投票用紙は「ユポ紙」という裏がつるつるした大質の特殊な紙でできています。
    これは、折って投票用紙に入れても中で自然に開くという紙で、開票の作業時間を大幅に減らしてくれるんですね。
    そしてこの用紙に書くには鉛筆が最適みたいなんです。

  • 2019.04.18.Thu
  • やっと寝てくれた、と思ったら…超迷惑!な選挙カー選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • やっと寝てくれた、と思ったら…超迷惑!な選挙カー/選挙あるある
  • 「子育てしやすい環境に!」と言いながら、
    昼間に大音量の演説が聞こえて、せっかく寝かしつけた子供が泣いてしまったり、夜勤明けでぐっすり寝ている時に候補者名の怒涛の連呼が聞こえてきたり。
    ってことありません?

    なんなら、「選挙カーで聞こえてきた人には投票を入れない!」なんて人もいるくらい。選挙カーでの演説って逆効果になってる場合もあるそうです。

    最近では、選挙カーを使わない候補者の方も増えているみたいですが、候補者にとってはまずは自分の名前を知ってもらわなければいけないし、選挙活動してます!っていう熱意は見せたいですよね。

    選挙カーでの連呼以外に、もっと心地よく候補者名を知ってもらえる仕組みがあるといいのかもしれません。

  • 2019.04.18.Thu
  • 候補者の情報がどこにも…ない!選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 候補者の情報がどこにも…ない!/選挙あるある
  • 選挙やるよ!って言われても、候補者の情報がどこに載ってるかわからない方、多いんじゃないでしょうか。

    日中は仕事をしていて演説を聞こうにも時間ないし、
    インターネット検索しても名前の一覧だけだったり、
    候補者のSNSでも、「ここで演説しました!」っていう中身のない報告ばかり…だったり。

    国政選挙では候補者を比較検討できる選挙広報っていうのがあるらしいけど、地方選だと発行されないこともある。
    ていうかそもそも新聞と一緒に配られる地域もあるから、新聞購読していない私の家には届かない…などなど。
    候補者の情報ってなかなか見つけられないですよね。

  • 2019.04.18.Thu
  • 獲得票数が同じ時はどうする?再選挙?選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 獲得票数が同じ!こんなときどうしよう?…もう、くじ引きでいいよ!/選挙のウラ側
  • もし、最下位の当選人の得票数が一緒になったら、どちらが当選になるのでしょうか?
    もう一度、選挙をするには時間もお金も手間も、膨大にかかってしまいます。

    実は、このような場合には、【くじ引き】で当選が決まります。
    今回の神奈川県相模原市議選でも、くじ引きで当選が決まる事例があったんです。
    (最後の1席を巡って、2人の候補が3158票でならんだ)

    くじ引きで当選が決まるなんて…。落ちた方はとても悔しいですね。

    負けた方には、せめてもの配慮なのか、少し優遇される点があります。
    それは、当選者に欠員が出た際の繰り上げ当選が、通常は90日のところ、【任期いっぱい】までに延びるというもの。

    たかが、一票とはいえない選挙。
    皆さんの一票が候補者の当選に大きく影響する可能性もあるのですね。

  • 2019.04.18.Thu
  • カラスボーイ参上選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 『カラスボーイ』参上!ウグイス嬢の男性版/選挙のウラ側
  • 街中を走る選挙カー。
    市民に声をかけているのは、候補者ではなく、透き通りハリのある声を届けてくれるウグイス嬢。

    でも、ごく稀に男性の声も聞こえてきます。
    では、ウグイス嬢の男性版はなんと呼ぶのかご存知でしょうか?

    それは、「カラス」や「カラスボーイ」。
    カラスという呼び名の由来は“黒いスーツが、カラスのように見える”とか“よく通る太い声だから”という理由のようです。

    多くの選挙事務所では、イベントの司会やアナウンサーなどの経験のあるプロを雇うんだそう。
    ウグイス嬢やカラスの日当は、最大1万5000円と決まっています。

    「普段のウグイス嬢の女性の声とは異なり、男性の低い声は印象に残る」なんて声もあるようで、カラスの活躍の機会は全国に広がっているんだそうです。
    おもわず「うるさーい!」なんて言いたくなっちゃうこともある選挙カーでのアナウンス。
    どんな声かを気にしてみたら、おもしろいかもしれませんね!

  • 2019.04.18.Thu
  • 超すごい!メイドインジャパンのハイテク投票用紙!選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 超すごい!メイドインジャパンのハイテク投票用紙!/選挙のウラ側
  • 投票用紙が、実は“特殊な素材”でできていること、知っていました?

    名前は「ユポ」。
    通常の紙よりも水に強く、破れにくい、日本生まれのスゴイ合成紙なんです。
    表面も滑らかで、とっても書き心地もとってもGOOD!

    お値段なんと、A4サイズ10枚で1180円!(Amazonでの販売価格・2019年4月時点)
    なかなかの高級紙ですね。

    この「ユポ」最大の特徴は、何重に折りたたんで投票箱に入れても、中で勝手に開くというもの!
    この特徴のおかげで、ユポにする前と比べて、開票作業の時間が2/3ほどの時間になったそう。
    おかげで、即日開票のしやすさにもつながっているみたいですね。

    普段はなかなか触れる機会もない、ハイテクな紙。
    あなたも投票の際、ちょっとした贅沢気分を味わってみては?

  • 2019.04.18.Thu
  • おやつは一日500円まで選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • おやつは一日500円まで?!/選挙のヘンなルール
  • 選挙活動でのおやつ代、一日いくらまで?

    「先生〜!バナナはおやつに入りますか〜?」
    金額内でなるべく、たくさんお菓子を持って行こうとした思い出ありますよね。

    実は、選挙運動の事務員のお菓子代に【上限】があるって知っていました??
    金額はなんと【500円】!
    これは、公職選挙法施行令(公選法の施行にあたり細かい事項を定めた政令)の129条で決められています。
    他にも、弁当は1食1000円以内、宿泊代金は2食つきで1泊1万2千円以内なんて決まりもあるんです。

    学校の遠足じゃあるまいし、そんな決まり必要ないじゃんって思うそこの方!

    これは、政治とお金の関係をクリアにして、公正な選挙を行う上で重要な決まりなんです。
    少し手厳しいかもしれないけど、お金にも有権者にも誠実な政治がルールによってできていることが望ましいですね!

    選挙事務所の人たちは、500円でいったいどんなおやつを選ぶのでしょうか???

  • 2019.04.18.Thu
  • 選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 同じクラスにいても、年齢が違えば違反になる!? 「17歳選挙違反」とは?/選挙のヘンなルール
  • 2015年の公職選挙法の改正によって、2016年からそれまで20歳以上だった選挙権の年齢が「18歳以上」になりました。
    それと同時に、選挙運動(特定の候補者・政党を当選させることを目的とした活動)ができる年齢も18歳からとなりました。
    また、2013年からネットを使った選挙活動も解禁されています。

    つまり、18歳以上であればたとえ高校生でも、LINEやtwitter、インスタなどのSNSや、ブログやyoutubeなどを使うなどして、特定の候補者を応援して行く活動ができるんです。
    しかし、18歳未満であれば、そうした行為は一切禁止。
    同じクラスの中にいても、ちょっとの誕生日の差で選挙活動ができるかできないかが大きく差がでてくるんですね。

    18歳になっていない人は、SNS上での選挙活動に関する投稿をシェアしたりリツイートしたするのも違法になる可能性が高いので、気をつけてください。

  • 2019.04.09.Tue
  • ドブイタ選挙選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 「お宅訪問」はアウト!/選挙のヘンなルール
  • 公職選挙法138条では、「何人(なんぴと)も選挙期間中に、戸別訪問して投票を依頼したり、演説会の日程を告知して歩いたりすることができない」と定められています。
    つまり、候補者であれ、有権者であれ、「お宅訪問」して、選挙活動をするのはNGなんです。
    戸別訪問が禁止される理由としては、「買収などの不正が行われる」や「情が湧いて、投票してしまうから」なのだそう。

    因みに「戸別訪問」をかいくぐる技として、「ドブ板選挙」があります。
    「ドブ板」とは、各家の前に張り巡らされた側溝(ドブ)を塞ぐ板のこと。ドブ板があるような狭い路地を渡り歩き、通行人と交流していく草の根の政治活動を「ドブ板選挙」と言います。
    特定のお家を訪問するわけではなく、路上で出会った不特定多数の有権者と挨拶を交わしたり握手をしたりしながら指示をお願いするので、戸別訪問にはあたらないんです。

  • 2019.04.09.Tue
  • 選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 【有権者の選挙活動】LINEはセーフで、メールはNG?!/選挙のヘンなルール
  • 2013年に「ネット選挙」が解禁されてから、候補者や政党、有権者である我々も、ホームページやブログなどのネットを使った選挙運動ができるようになりました。
    しかしなんでも自由にできるわけではなく、きちんと公職選挙法のルールに従う必要があります。違反すれば禁錮や罰金などの罰則が科せられますので、注意が必要です。

    例えば、SNSでの広報はいいけど、メールはダメ。
    理由は、「メールはなりすまし」の危険性があるからだそう。
    (候補者や政党には、メールでの選挙活動も認められています)

    だから、有権者の私たちがLINEやtwitter、facebookで候補者の紹介をして「〇〇さん、頑張ってるので投票してね!」と呼びかけるのはありだけど、メールを使っては違法なんです。
    うーん、「内容」は同じでも、「形式」が違うと問題なんですね。

  • 2019.04.09.Tue
  • 配っていいうちわとダメなうちわ選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • 配っていい「うちわ」とダメな「うちわ」/選挙のヘンなルール
  • 政治家が配った「うちわ」が、国会で問題になったことがあります。 選挙区内での「うちわ」の配布が、公職選挙法違反だと指摘されたんです。
    なぜ「うちわ」を配ることが問題になったのでしょうか。

    公職選挙法は、政治家や選挙の候補者が選挙区内で「金銭、物品その他の財産上の利益(有価物)」があるものを配る“寄付行為”を禁止していて、「うちわ」もこの有価物にあたるとされたからです。
    他にも、香典や年賀状、お見舞いも寄付行為として、禁止されてしまうこともあります。

    確かに、政治家と有権者のクリーンな関係を保つためにも、物品や金銭のやり取りはいけないことですよね。

    しかし一方で、「うちわ」の解釈には、曖昧な境界線があります。
    同じ「うちわ」であっても、骨組みと柄でできた一般的なものは違反だが、紙に穴を開けた簡易的なタイプのものは、「ビラ」として認識されるので、OK!などと言われています。

  • 2019.04.09.Tue
  • オープンカーは「選挙カー」として使えない?!選挙おもしろ小ネタ集
  • 投稿者アバター 鈴木 宙夢
  • オープンカーは「選挙カー」として使えない?! /選挙のヘンなルール
  • 街中で見かける、選挙カー。
    窓を開けて手を振っていたり、車の上に演説スペースを装備したりしてますよね。
    けど、皆さん思いませんか?
    あれ、オープンカーで、政治活動した方が楽なんじゃないのって。
    車に乗ったまま外に向けて、演説しやすそうですもん。

    でも実は、選挙に使える車両には、明確な基準があるんです。
    それは、構造的に上や横が「開いている」もしくは「開ける」タイプの自動車以外は選挙カーに使えるというもの。
    逆に言うと、オープンカーは選挙活動で使えないってことです。
    その理由は、「品位に欠ける」からだそう。

  • 2019.04.09.Tue