Loading...
2018.11.30.Fri

【カルタ販売店情報】神保町ブックセンター(東京・神保町)

「社会問題見えるカルタ」を販売していただけるお店が増えました。

新たに取り扱いが決まったのは、神保町にある「神保町ブックセンター」さん。地下鉄神保町駅から歩いてすぐのお店です。

今回は神保町ブックセンターの書籍担当・後藤さんにお話を伺いました。

神保町ブックセンターはどんな書店なんですか?

当店は、岩波ブックセンターという書店の跡地で、「まちづくり」につながる事業の企画から運営までを行うUDS株式会社が運営するイベントスペース、カフェ、コワーキングスペースを併設した複合型の書店です。

書店の特徴として真っ先に挙げられるのは、岩波書店の流通在庫をすべて取り揃えているということです。
一般的な書店では、専門性の高いニッチなタイトルなどは仕入れるのに及び腰になってしまうものですが、岩波書店創業の地、そして岩波ブックセンターの跡地でやっている店ですから、そうしたニッチなタイトルも含めて岩波書店のものはすべて揃えるというコンセプトでやっています。
ですから、一時的に在庫切れというものはありますが、基本的にここに来れば岩波書店の現行タイトルおよそ9000点をご覧いただけます。
他の出版社の本も置いているのですが、圧倒的に岩波書店の本が多い書店です。

岩波書店の本が網羅されています。

カフェが併設されていて、コーヒー片手に岩波書店の本を楽しめます。おしゃれで、落ち着く雰囲気です。

なぜ、社会問題見えるカルタの取り扱いを決めたのでしょう

もともと岩波書店という書店は、時代時代の社会問題を積極的に取り扱ってきた版元で、そんな岩波書店の本を網羅する書店ですから、他の出版社の刊行物も含めて社会問題に関する本を多く取り扱っています。
岩波書店単体でも、中高生から読める「ジュニア新書」というシリーズから、一つのテーマを分かりやすく解説するブックレットや新書、そしてより専門性の高い単行本まで、多様な社会問題をテーマにした書籍がありますから、それらの個別のテーマに対する入り口として社会問題見えるカルタはとても良いのではないかと思います。

社会問題見えるカルタを一枚ずつ丁寧に見て、感想をくださる後藤さん

このカルタなら、社会問題に興味を持つキッカケを作れるのではないかと考えたのです。
そして興味が湧いた問題に関しては、当店にたくさんの関連書籍がありますから、ぜひお読みいただき深掘りしていってほしいと思っています。

このカルタが本との出会いの端緒となってくれると期待しています。

社会問題見えるカルタは入り口正面の一番目立つスペースに展開していただいています。

現代の社会問題を扱う書籍にまみれ、ポップなカルタが目立っています!

神保町ブックセンターの情報

住所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目3−1 岩波書店アネックス1F・2F・3F(書店は1Fのみ)
電話番号:03-6268-9064
営業時間:平日9:00~20:00、土日祝10:00~19:00 年末年始休業
WEBサイト:https://www.jimbocho-book.jp/

ライター:
タグ:
船川 諒
埼玉県久喜市在住のフリーランス。
WEBデザインをすることが多く、
このサイトも作っています。
表示が崩れていたらお知らせください。
来世では猫になりたいと思っています。 お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする