Loading...
2018.01.24.Wed

日本の約20%の土地(約410万ha)が所有者不明

国土交通省によると、日本の約20%の土地(約410万ha)が所有者不明とのことです。九州全土よりも広い土地が所有者不明のまま管理されずにいる計算になります。
土地の所有者が登記簿を更新しないなどの理由で、所有者不明の土地が増えているのだそうです。

所有者不明の土地は、きちんと管理されずに犯罪や災害の危険性が高まったり、公共事業のさまたげになる、徴税できないなど様々な問題を引き起こします。

土地所有者がわからないことから生じる経済的損失額は、2016年の段階で約1,800億円。
このままだと2017年〜60年までの損失額は約6兆円にのぼるといわれています。

<参考>
http://www.mlit.go.jp/common/001207188.pdf(国土交通省)
http://www.kok.or.jp/project/pdf/fumei_land_issues_text.pdf(所有者不明土地問題研究会 )

チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談