Loading...
2018.12.05.Wed

【イベントレポート】社会問題見えるカルタワークショップ in CFAKids梅島校

11月30日(金)に、CFAKids梅島校にてチャリツモの社会問題見えるカルタを活用したワークショップを開催させていただきました!

CFAKids梅島校はNPO法人Chance For All(チャンスフォーオール)が運営する私立学童保育。CFAは“こどもたちのための放課後の実現”を目指し、足立区と墨田区で私立学童保育「CFAKids」を運営しています。

今回は、「社会問題ってなに?」というテーマでカンタンなワークショップをした後に、社会問題見えるカルタを使ってみんなで遊びました。

小学校低学年の生徒さんが中心とのことで、社会問題をわかりやすく説明できるかな…?と不安でしたが、カルタを始めたらそんな悩みはモウマンタイ!
子どもたちは、すごい集中力でカルタにのめり込み、絵札に書かれた社会問題にも興味をもってくれていました。


チャリツモメンバーの感想

bolly

社会問題見えるカルタで子どもたちが楽しんで遊ぶ光景を見られてとても嬉しい気持ちになりました。
内容が少し難しいので、小学校低学年だとわからなくて飽きてしまうかな?とか全く内容理解できないのではないか?とか、色々不安がありましたが、思いのほかみんな楽しんでくれてカルタの作者としては本当に安心しました。

カルタを取ってくれた子に裏面を読み上げてもらい、私達で内容をわかりやすく説明したのですが、みんな小さいなりに気になる社会問題がみつかったようでした。

たとえば動物の殺処分の問題や、環境問題等は衝撃を受けている子が多かったです。
小さな知識でも小さい頃から吸収していれば、ちりが積もって山になり、広く大きな知識になるのだと思います。
子どもたちには是非いろんなことに興味をもって知ってほしいです。
そして考えて実行できる素敵な大人になってほしいなと思いました。

石橋

CFAKids梅島校にて「社会問題見えるカルタ」のワークショップを実施してきました。教室に入ったあと、「カルタをするよ〜!」と言ったら「やりたくない〜!、野球がいい〜!」と最初から遊んでくれるのかな?と心配になりましたが、「カルタをやったことある人〜?」と聞いたところほぼ全員が手を挙げて、実際にカルタを広げたら、みんなすごく楽しそうにカルタの絵札を探し、その裏に書いてある解説を読んでくれました。

印象的だったのは、絵札を取ったあとに解説を読みたいという子が沢山いたこと。私が小学生のときに、こんな積極的に手を挙げていたかな?と思うとCFAにいる子ども達のとても積極的な姿に日本の未来は明るいと、感心してしまいました。

「社会問題見えるカルタ」の内容を一回のカルタで理解するのは、難しいもの。日々の遊びの中で使いながら、自分が興味をもった問題はさらに深く知るために調べていってほしいなと思います。

CFAKids梅島校の皆さま、楽しい時間と発見をありがとうございました。

今回、社会問題見えるカルタで遊んでくれたCFAKids梅島校の生徒の皆さん、スタッフの皆さん、素晴らしい機会をいただきましてありがとうございました。

チャリツモでは、ワークショップのご依頼をお待ちしています。
小・中・高校や大学の課外授業にて、または企業の研修でもご活用いただける「社会問題見えるカルタ」を使って、おもしろくてためになるワークショップをあなたの学校・企業でも開催しませんか?
気になる方は、メールでお問い合わせください。

ライター:
タグ:
Bolly
普段はイラストレーターをしています。
チャリツモではチャーリーくんをはじめとしたイラストを担当。
猫と遊んでいる時が至福の時間。 http://nishiborimihoco.net/ お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする