Loading...
2019.04.09.Tue

選挙おもしろ小ネタ集

【有権者の選挙活動】LINEはセーフで、メールはNG?!/選挙のヘンなルール

2013年に「ネット選挙」が解禁されてから、候補者や政党、有権者である我々も、ホームページやブログなどのネットを使った選挙運動ができるようになりました。
しかしなんでも自由にできるわけではなく、きちんと公職選挙法のルールに従う必要があります。違反すれば禁錮や罰金などの罰則が科せられますので、注意が必要です。

例えば、SNSでの広報はいいけど、メールはダメ。
理由は、「メールはなりすまし」の危険性があるからだそう。
(候補者や政党には、メールでの選挙活動も認められています)

だから、有権者の私たちがLINEやtwitter、facebookで候補者の紹介をして「〇〇さん、頑張ってるので投票してね!」と呼びかけるのはありだけど、メールを使っては違法なんです。
うーん、「内容」は同じでも、「形式」が違うと問題なんですね。

あともう一つ、注意しておきたいのは「投票日当日」は全ての選挙活動が、認められていないんです。
だから投票日に、前日までの選挙運動のツイートをリツイートする行為も公選法違反に当たると思われる可能性が高いので、やめておいたほうがいいです。

…うーん、なんだかややこしいですね。

参考

チラシ:インターネットを使った選挙運動が出来るようになりました/総務省
http://www.soumu.go.jp/main_content/000225177.pdf

『LINE』はOKでメールはNG…「ネット選挙」で何がダメで何が大丈夫なのかおさらいしてみる/Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/fujiiryo/20160625-00059264/

LINEはセーフだけど、メールはアウト―衆院選初「ネット選挙」のルールとは?/ニコニコニュース
https://news.nicovideo.jp/watch/nw1346878

記事の一覧はこちら

街頭演説動画、集めました!

4月7日と21日に投開票の、統一地方選挙に関連した街頭演説を集めたマップを作っています!

どの候補に投票すればイイのかわからない!
演説をゆっくり聞いてる時間なんてない!
だれが何をいってるのかわからない!

そんなあなたにピッタリ!短時間でそれぞれの候補の演説を簡単に比較できるサイトです↓

【その1】街頭演説動画まる見えマップ 2019統一地方選編をCHECK! 【その2】各地の演説、書き起こしました!投票の参考にどうぞ

ライター:
こちらも おすすめ
鈴木 宙夢
猫好きの新社会人。 チャリツモの社会課題をポップに伝えてるところが好き。 学生時代は、日本全国の歩き旅や無人島生活などをしていました。 関心のあることがらは、貧困問題や地域、福祉、環境問題など。
@hrm0217s

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする