Loading...
2019.03.20.Wed

演説を聞きに行く時間がない?それならネットでシェアすればいいじゃん! マップ上で選挙演説の動画を見られる『街頭演説まる見えマップ』統一地方選編が公開!

街頭演説まる見えマップ

インターネット・メディア事業を手掛ける、株式会社チャリツモ(所在地:東京都荒川区、代表取締役社長:船川諒、以下「当社」)は、選挙情報に触れる機会がなく、だれに投票すればいいのか悩んでいる人々に向けて「どこで、いつ、だれが、何を」演説したのかがわかりやすくまとまったwebページ「街頭演説まる見えマップ ~統一地方選挙2019年版~」を公開しました。当ページでは、Googleマップ上に置かれた演説が行われた場所を示すピンをクリックすると、演説内容を録画した動画を見ることができます。
動画はyoutubeにアップされたものを、Googleマップに紐づけていて、だれでも無料で視聴可能。ユーザーから提供された情報を毎日更新しています。
https://charitsumo.com/marumie/11233

(前回2017年のマップはこちら→https://charitsumo.com/marumie/6754)

2017年総選挙での反響の大きさに必要性を再確認!

このサービスをリリースした 2017年衆議院選挙街頭演説まる見えマップでは思いもよらぬ反響を呼びました。870本の演説動画が集まり、演説内容の抜粋を書き起こした「ハイライト」は全100本を配信。選挙期間中だけで延べ20万人以上がページを閲覧し、テレビ、新聞(日経・朝日・毎日・東京など)、ラジオ、ネットメディアなど、さまざまなメディアで取り上げられました。

サービスを立ち上げた背景

2016年夏、選挙権が18歳に引き下げられて初の国政選挙の際に、チャリツモでは東京・渋 谷&新宿の有権者100人に政治への関心について調査・取材しました。
https://charitsumo.com/interview/1776

その取材を通してわかってきたのは、政治への関心が薄く、投票率が低いことで批判されることの多い若者の“ホンネ”。彼らの多くは関心がないから投票に行かないのではなく、責任感が強いために間違った選択をするのが怖かったり、情報が少ない中で判断することに罪悪感や怖さを抱いて足踏みしているというは状況が見えてきました。
若年世代は仕事や学校などで、日中の選挙活動に触れる機会が少なく、ネット上の情報を頼りにしようとしても具体的な政策などをわかりやすく比較検討できるサービスは充実しているとは言えません。

そんな若者をはじめ、家から外出することが困難で選挙演説を聞くことが難しい人などに、演説動画を通して選挙への興味・関心を深めたり、投票行動の参考にしてもらうために立ち上げたのが街頭演説まる見えマップです。

候補者の演説内容を、動画とハイライトでサクッと比較!

「仕事や育児に追われ、演説を聞きに行けない人」「諸事情があり外出できない人」など、投票の重要性はわかっているが候補者を選ぶ材料がなくて困っている皆さんに、候補者の演説の様子を記録した動画を提供します。

また、チャリツモライターが視聴した各演説の中で印象的だった部分を抜粋して書き起こした「演説ハイライト」もおすすめです。各候補者が動画のどの辺り(分 秒)でどんなことを言っているのかわかるように書かれています。

「演説ハイライト」はwebページのみならず下記Twitterアカウントでも配信予定です。
https://twitter.com/enzetsu_map

※当マップの目的は人々の間にある情報格差を是正し、有権者ひとり一人が候補者の主張を理解し、投票につなげることです。特定の政党や候補者を推薦・支持・批判する意図はございません。

本件に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスにご連絡ください。

ライター:
タグ: