罪悪感を乗り越えて、新しい福祉に挑む / MUKU&ヘラルボニー

障害のあるアーティストによる作品をモチーフに、ネクタイや傘などのプロダクトを世の中に発信するMUKUというブランドを手がける、福祉実験ユニット「ヘラルボニー」の松田 崇弥さんと松田 文登さんのインタビューです。