Loading...
2019.07.18.Thu

街頭演説の一部です♪

チャーリー

鈴木宗男(日本維新の会・比例代表)7月14日の演説内容 @有楽町

皆さんどうもありがとうございます。
鈴木さんとチームを組みましたね、“喝”を入れられてます、我々。

我々は地方で政治をやってきた。
“地方の政治家の集まり”なんです。
そして、今、地方でね、僕も大阪で、政治を変えようということで、どんどんいろんな取り組みやってますけど、結局霞ヶ関・永田町が変わらない。
自民党一強のままじゃダメなんです。
自民党、そりゃねぇ民主党政権よりはマシだったから、今安倍政権支持率が高い。
でも皆さんね、やっぱり“ゆるみ・たるみ・おごり”があります。
そのおごりの一番は、今回の年金の問題と増税です。

皆さん、この増税に対しては政治家が約束をしたことがあるんです。
それは何か?って言うと、政治家が増税をするにあたって、「皆さんに負担をかける限り、政治家がまず自分の身分を改める」。
これはね、今回の消費税増税の約束ではなくて、2012年、復興増税の約束として、みんなで約束したんです、自民党から共産党まで。
当時は鈴木さんは議員じゃなかった。
鈴木さんがその時いればね、おかしいじゃないかと言ってたんですけれども、2012年に約束したのは復興増税、今も皆さん市民税“1,000円”上乗せで、25年続くんです。
この増税の負担を皆さんにお願いする限り、国会議員はたかだかですけども、“2割”報酬カットするという約束をしてたのに。
あれから7年が経過して、2年ほど2割カットしましたけど今や全く知らんぷり。そのままなんです。
皆さん、日本の中で、まあ2千万以上の所得のある人それはね、たかだか3%しかいません。1000万以上の人が5%。
二千万円以上の所得のある方は3%なんです。
その3%の中に『国会議員』は入るんです。
2,200万が年収なんです。
それを2割カットするぐらい大したことじゃないのにね。
これお約束を反故にしたまま。
それで我々はこれを実行しております。
我々は小さな政党で、国全体の国会議員の身分は変えれないけど、約束した限りはね、2割カットしよう!と。
だから維新の会の国会議員は全員手取りの2割をよそに出してね、『被災地』のための増税でしたから、日本中、いま『東北』『熊本』『岡山・広島の豪雨災害』、あちらこちらで災害で困ってる人たくさんいるから、いま維新の会のメンバーは、手取り2割をよそに出して、全国に“寄付”にまわってます。
それでこれだけでも、もう“1億円”を超えた。
これは皆さんとの約束だったからなんです。
皆さん、『増税』を決めるのは国会議員の皆さんなんです。
この国会議員の皆さんが増税の前の約束を破ってどうするんですか?
これくらいのことは守らせましょう。
だから鈴木さんが政治に“喝”なんですよ、皆さん。

  • チャーリースタンプ
  • 動画の削除・申請について

    このページに掲載されてる動画は、ユーザーの皆さまの情報提供により集められたものです。
    その情報の正確性をチャリツモが保障するものではありません。
    もちろん掲載に際しては、十分気をつけています。が、もしかしたら間違えた情報や、悪意ある改ざんをされた動画の可能性も否めません。
    また、「話した内容がすり替えられている!」などと、その改ざんの可能性に気が付かれた方は、ぜひ以下のコンタクトフォームから削除・変更申請をしてください。
    削除・変更申請をいただいた動画に関しては、以下のいづれかの対処を検討させていただきます。

    • (1)動画・書き起こしを削除
    • (2)動画の情報や書き起こしの文面を修正
    • (3)削除・変更申請を受けた旨、およびその理由について追記

    チャリツモは、ユーザーの皆さまと一緒に「街頭演説まる見えマップ」をより正確な情報のデータベースにしていきたいと考えています。
    どうぞ、ご了承とご協力いただけますようお願いいたします。

街頭演説の内容を書き起こしています

このページでは、選挙情報サイト「街頭演説動画まる見えマップ」に登録された動画のなかから、スタッフが見た演説動画の中から印象にのこった部分を書き起こして保存しています。

※当マップの目的は人々の間にある情報格差を是正し、有権者ひとり一人が候補者の主張を理解し、投票につなげることです。特定の政党を応援したり非難する意図はございません。

インターネット選挙運動について(総務省)
当マップについてのご意見・ご感想は株式会社チャリツモ(enzetsumap@gmail.com)にお寄せください。
こちらも おすすめ
チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談