Loading...
2019.07.16.Tue

街頭演説の一部です♪

チャーリー

おしどりマコ(立憲民主党比例代表)6月11日の演説内容@新宿駅西口地下広場

【聴衆からの質問】
今回の質問ちょっと長くなるんですけど、福島の人の気持ちの面についての質問なんですけど。
私は情報公開とかどんどん進めていくべきだと思っていますし、おしどりさんのされていることなど応援したいと思ってるんですけど。
でも一方で、今年の3月に、福島であるアーティストの方が「福島の事故を風化させないため」にモニュメントを作ったことに関して、すごく福島県内の方から「風化させないっていう上から目線はどうなんだ」とか、「風化することが悪いことなのか」っていう意見がかなり出て…、それを Twitter とかでたくさん見たですね。
それで自分でもちょっと分からなくなってきて。
福島の人はフクシマのことを思い出すだけでフラッシュバックになったりとか、そういう心的障害を抱えた方、それで福島に住んでいる方て結構いるんだなと思って。
そういう中でも見たくない真実っていっぱい見ていかなきゃいけないんだなとは思うんですけど。
そういうところは人間の心のバランスっていうか、難しいなと思っていて。
おしどりさんが街宣をしていくこと、すごく大切だと思うんですけど、一方でこう福島の中にいる方々から活動に関してバッシングとかきつい言葉をかけられることも多いと思うんですね。
そのあたり、福島で以前実際に街宣をされた感想っていうか、おしどりさんの講演会に今まで来られた方は『反原発』とか『原発ダメだ』って思ってる方多かったと思うんですけど、そうじゃない方とも語り合ったと思うので、そのフィードバックっていうかそういうのが得られたら、私としてはありがたいなと思ってます。

【おしどりマコの回答】
ありがとうございます。そうですね。
福島市役所の前にあった巨大なロボットの、胸に線量計のついてるあのモニュメントのことですよね?防護服を着た?(※正しくは福島駅近くの教育文化複合施設「こむこむ」の前に展示されていた防護服のヘルメットを外した子どもの像『サン・チャイルド』のこと。参考:https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/18353)

あの件があった時に 地元の方々で あれを残すべきだっていう方々は、あまり意見を書かなかったから「あっという間になくなっちゃった」ていうことはよくうかがいいました。



本当に色々な声を、色々な話をご飯食べているときに…。私たち取材だけじゃなくて、“芸人”として福島に行って、そしてその後地元の人たちと噺家さんとかみんなでご飯食べるって言うこともよくあるので。
「原発事故の汚染を言う奴は復興の妨げだから福島から出て行け」と、そうやって「原発事故の汚染が不安だ」とヒトコト言ったためが、言った方が、袋叩きにされていた現場も何度か見たことがあるんです。
それは、これは私の体感なんですけど、私『情報の偏り』だと思っていて。
どういう状況になってるのか、行政から渡される情報だけなのか、自分たちで「これおかしい」と思って測定したデータを持っているのか、その差っていうのが大きいことが一点と。
そして、でも、「辛い思いをするから」「嫌な気持ちになるから」、『その情報は見たくない』という方々も、ちろんそういう方々もおられるんですね。
その方々に対して取材をしてて、一番大きくその話が出てくるのは福島県でやっている『子どもたちの甲状腺検査』なんです。

「検査をし続けることがどうなのか」ということが、検討委員会の委員でよく議論になってるんですね。
でも「検査をし続けるべきだ」とおっしゃってる委員も半分おられるんですけど。地元の福島の方も何人かおられて。
で、地元の福島の医院で「検査を続けるべきだ」とおっしゃってる方々は、それそこ心理療法士の資格を持ってる方がおっしゃっておられたんですけど、「検査はし続けるべきで、何も問題がないんだったら子ども達は良かったね、ということだし。何か問題が出てきたんだったら、それは『国』や『企業』が責任を持って『ケア』するべきで、どちらにしろ情報はきちんと調べて私たちのもとにくれ」と。
でもし検査をすることでストレスがかかったり、嫌な気持ちになるのであれば、それはまた心理療法士とかカウンセラーがケアすべきことで、「嫌な思いになるから情報を渡さない、というようなことはやめてくれ!」と。「検査はしてくれ」と。そうおっしゃってたんですね。

だから私は、そのご質問に関しては、情報は渡されるべきだと思うし、そこで受け止められない情報なのであればその『ケア』をあらためてカウンセラーの方やいろいろな形ですべきだと思っていて。
「ストレスになるからフラッシュバックするから、怖い情報は見たくない」とすることで 一番得をするのは、『国』や『企業』や『加害側』だと思うので、情報はきちんと出されるべきだし、渡されるべきだし、そこで辛い思いをするんだったらその『ケアが必要』だと、私はそう思います。

(2:19:30)

  • チャーリースタンプ
  • 動画の削除・申請について

    このページに掲載されてる動画は、ユーザーの皆さまの情報提供により集められたものです。
    その情報の正確性をチャリツモが保障するものではありません。
    もちろん掲載に際しては、十分気をつけています。が、もしかしたら間違えた情報や、悪意ある改ざんをされた動画の可能性も否めません。
    また、「話した内容がすり替えられている!」などと、その改ざんの可能性に気が付かれた方は、ぜひ以下のコンタクトフォームから削除・変更申請をしてください。
    削除・変更申請をいただいた動画に関しては、以下のいづれかの対処を検討させていただきます。

    • (1)動画・書き起こしを削除
    • (2)動画の情報や書き起こしの文面を修正
    • (3)削除・変更申請を受けた旨、およびその理由について追記

    チャリツモは、ユーザーの皆さまと一緒に「街頭演説まる見えマップ」をより正確な情報のデータベースにしていきたいと考えています。
    どうぞ、ご了承とご協力いただけますようお願いいたします。

街頭演説の内容を書き起こしています

このページでは、選挙情報サイト「街頭演説動画まる見えマップ」に登録された動画のなかから、スタッフが見た演説動画の中から印象にのこった部分を書き起こして保存しています。

※当マップの目的は人々の間にある情報格差を是正し、有権者ひとり一人が候補者の主張を理解し、投票につなげることです。特定の政党を応援したり非難する意図はございません。

インターネット選挙運動について(総務省)
当マップについてのご意見・ご感想は株式会社チャリツモ(enzetsumap@gmail.com)にお寄せください。
こちらも おすすめ
チャリツモ
社会問題をどこよりもわかりやすく発信するクリエイティター集団です。
現在いっしょに活動してくれるライター/クリエイターを募集しています。くわしくはこちらをごらんください。 お仕事のご相談