Loading...
2019.04.19.Fri

街頭演説の一部です♪

チャーリー

藤野英明(神奈川・横須賀市議選)

僕が政治家になった理由は、この国から自殺をなくしたい。
自殺というのは、個人的な、身勝手な死に方なのではありません。
自殺対策基本法に書いてあるとおりに、経済的な理由、社会的な理由によって、追い込まれた末の死である。そう定義されています。
つまり、犠牲者なんです。

この16年間、横須賀で自殺対策に全力で取り組んで、そして自殺を、横須賀の犠牲者を34%減らすことができました。

けれども、一度亡くなった命は決して帰って来ません。
あなたの周りにも、大切な方を自殺の犠牲によって亡くされた方、おられると思います。
僕自身も同じ立場です。

自殺という言葉にもビクビクと怯えてしまい、電車で人身事故があったと聞くと胸がドキドキしてしまう。辛くなる。
こんな体験を僕もずっとしてきました。

それでも、岩手県に次いで2番めに、自殺未遂者支援を僕の提案で実現して。
例えば自殺未遂をしてしまった、クビを吊ってしまった、薬を大量に飲んでしまった。
昔は救急医療センターに運ばれて、外科の手術が必要な方は手術を受けたら、翌朝精神科医の紹介状を書かれてもう帰されてしまう。
また、薬を大量服薬すれば、胃の洗浄をされて、竹炭・木炭をお腹のなかに入れられて、薬が少しでも外にでるようにという苦しい苦しい作業をされて、そしてやはり翌朝になったら精神科への紹介状だけ書かれて帰されてしまう。

そもそも自殺に追い込まれた原因を解決しないまま、ただ身体の治療だけして帰してしまえば、一度未遂をした方は再び未遂をし、これを繰り返すうちに本当に亡くなってしまう。

だから僕は提案をして、実現させたこと。自殺未遂者支援の取り組み。

いまではうわまち病院や共済病院に90%以上の自殺未遂の方が運ばれているんですが、一度未遂で入院をすると、あるいは運び込まれると、我が横須賀市の保健所の精神保健福祉相談員が必ずベッドサイドに訪れて、そして御本人の同意を経て、そもそも自殺に追い込まれた原因を一緒に解決していく。

例えば多重債務が原因であれば、その多重債務をひとつずつ片付けていく。
こうした支援を、全国で岩手県に次いで2番目にやったのが横須賀市です。

https://youtu.be/uH4-H88qmZk(0:00) #藤野英明 #横須賀市議選

  • チャーリースタンプ
  • 動画の削除・申請について

    このページに掲載されてる動画は、ユーザーの皆さまの情報提供により集められたものです。
    その情報の正確性をチャリツモが保障するものではありません。
    もちろん掲載に際しては、十分気をつけています。が、もしかしたら間違えた情報や、悪意ある改ざんをされた動画の可能性も否めません。
    また、「話した内容がすり替えられている!」などと、その改ざんの可能性に気が付かれた方は、ぜひ以下のコンタクトフォームから削除・変更申請をしてください。
    削除・変更申請をいただいた動画に関しては、以下のいづれかの対処を検討させていただきます。

    • (1)動画・書き起こしを削除
    • (2)動画の情報や書き起こしの文面を修正
    • (3)削除・変更申請を受けた旨、およびその理由について追記

    チャリツモは、ユーザーの皆さまと一緒に「街頭演説まる見えマップ」をより正確な情報のデータベースにしていきたいと考えています。
    どうぞ、ご了承とご協力いただけますようお願いいたします。

街頭演説の内容を書き起こしています

このページでは、選挙情報サイト「街頭演説動画まる見えマップ」に登録された動画のなかから、スタッフが見た演説動画の中から印象にのこった部分を書き起こして保存しています。

※当マップの目的は人々の間にある情報格差を是正し、有権者ひとり一人が候補者の主張を理解し、投票につなげることです。特定の政党を応援したり非難する意図はございません。

インターネット選挙運動について(総務省)
当マップについてのご意見・ご感想は株式会社チャリツモ(enzetsumap@gmail.com)にお寄せください。
こちらも おすすめ
船川 諒
WEBデザインと、記事の執筆&編集を担当しています。
猫が好き。 お仕事のご相談