Loading...
2018.11.12.Mon

福岡のあすみん「GOOD ACTIVITY FESTIVAL 2018」に行ってみた

こんにちは!ももです。先月の10月27日から28日に福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみんで行われた「GOOD ACTIVITY FESTIVAL 2018」に、チャリツモライターで唯一福岡在住のわたしがお邪魔してきました!

あすみんとは、福岡市天神にある、公設民営のNPO・ボランティア団体のサポートセンターです。(天神駅から徒歩約10分で立地も◎)
福岡で活動するNPO・ボランティア団体や企業、行政が取り組む“社会によい活動=GOOD ACTIVITY”にふれるイベント、それが今回の「GOOD ACTIVITY FESTIVAL 2018」。

イベント当日、チャリツモの活動を知っていただくために、こんなにかわいい展示を用意してくださいました。

実際に「社会問題見えるカルタ」で遊べるコーナーも作っていただきました!
※社会見えるカルタって何?と思った方、詳しくはこちらのページへどうぞ。購入も可能です。

『社会問題見えるカルタ特設ページ』
https://charitsumo.com/karutalp

わたしは1日目の午後にお邪魔し、来場された方へチャリツモのウェブサイトについてお伝えしたり、実際にカルタで遊んでいただきました。

実際に遊んでいただいた方のコメントがこちら。

他にも、福岡市のNPOやボランティア団体の活動内容紹介のパネル展示もありました。
「自分の住んでいるところでこんな活動をしている団体があるんだ!」と新たな発見がたくさんありました。

また、実際に体験できるコーナーも充実していました!何より楽しそうだったのでわたしもちゃっかり体験してきたので、紹介させてください。

ゴーグルで泥酔体験!

まずは飲酒時の視界の状態を体験できるゴーグル

このゴーグルを着用して、まっすぐ書かれた線に沿って歩いてみました。
泥酔状態のゴーグルを着用すると、視界がぐらぐらでまっすぐ引かれたはずの線が歪んで見え、普通に歩くことさえ困難でした。
この状態で電車のホームを歩いたり、車を運転するなんて、想像しただけでぞっとする…。

高齢者を体験!

次は、高齢者の身体体験。
重りが入ったベストや腕・足に巻くベルト、視界がぼやけるゴーグル、音が聞こえづらくなるイヤホンなどを着用し、館内を歩いてみました。

手足が重いので立っているだけで疲れる、理由なくだるさを感じる、腰を折って歩くことが困難で、走るなんてもってのほか!という感じでした。お年寄りがゆっくりした動作になるのも納得です。
自動販売機の上のボタンを押すのがものすごく大変なこと、階段やトイレの手すりがものすごくありがたく感じました。
また、音が聞こえくいので、まわりの人はゆっくり大きな声で話すことが必要だと思いました。

妊婦体験ができるベストを試着!

最後に、妊婦体験!お腹に赤ちゃんの重りが入ったベストを着てみました。

23歳、溢れ出る母感(母に違和感が全くないねと言われました、どういう意味でしょうか…)。
お腹が重くて肩が内側にぎゅっと入ってしまうため、とにかく肩が凝りますし、しゃがんでスニーカーの紐が結べません。
また、後ろから軽く押されただけで転んでしまいそうになりました。赤ちゃんに何かあったら、と思うと外に出るのが怖いと感じそうです。
また、ベッドに寝転ぶと、寝返りがうてないし、起き上がれない…。
世の中のお母さんを尊敬せずにはいられませんでした。

いつもと違う体験で、新しい気づきがありました。

この体験コーナーは、自分がその状態になったことがない方に特におすすめします!
自分が体験したことがないことをすることで、気づきやこれから心がけたいことがたくさん見つかりました。
理解が進むことで、その相手に寛大になれたり、何をしたらいいか、というニーズの発見もありました。

わたしの場合だと、お酒は適量を楽しむこと、高齢者や妊婦さんに街で出会ったら、何かできることがないか声をかけること、電車で出会ったら優先席でなくとも席を譲ること、祖母が何度も私の言葉を聞き返すことに対してイライラしないで繰り返してあげること、など…。

わたしの後に妊婦体験をしていた男子大学生たちはきっと、まわりの妊婦さんや、将来子供ができたとき、パートナーに対して優しくできるはず。

五感を使った体験なので、インパクトもとっても強かったです。
何より楽しかった。これってすごく重要だと思います。

また、1日目には大学生の地域活動の発表会やカードゲーム「2030SDGs」の体験会、2日目には注文をとるスタッフがみんな認知症という、ユニークな「注文をまちがえる料理店」を企画した小国士朗氏による講演も行われ、大盛況に終わったようです。

あすみんでは毎週様々なイベントやワークショップを行っていますし、団体の運営や情報の発信、収集のサポートを行っているそうです。
興味深い本もたくさんありました。

ボランティア活動や「社会にいいこと」に興味はあるけれど、何の分野で何をしたいのか、何ができるのかわからない方や、ボランティアに関する情報を得たい方、NPOやボランティア団体に所属しているけれど、運営面で困っている方など、ぜひ一度あすみんを訪れてみてはいかがでしょうか?
きっと新しい発見に出会えますよ!

以上、あすみんの「GOOD ACTIVITY FESTIVAL 2018」レポートでした。
読んでいただきありがとうございました。

参考ページ

福岡市NPO・ボランティア交流センター あすみん
https://www.fnvc.jp/

ライター:もも

イラスト:にしぼりみほこ

ライター:
タグ:
もも
ごく普通の新社会人。
環境問題や貧困問題、異文化交流、日本語教育、国際関係、日本(人)らしさ、社会にいいこと、に興味あり。
学生時代は経営学を勉強しつつ、国際交流とコスプレと、コーヒー屋のお姉さんをしてました。

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする