Loading...
2018.10.10.Wed

学校に行きたくても行けない、不登校のあなたの声を聞かせてください。

不登校のあなたの声を、ぼくたちに聞かせてくれませんか?

ぼくたちチャリツモは「他人事(たにんごと)から自分事(じぶんごと)に」というキャッチフレーズをかかげ、さまざまな社会問題をわかりやすく伝える記事を書いています。

なぜそのようなことをしているかというと、今までの社会の中では見捨てられて来たたくさんの人たちが、もっと行きやすい社会をつくりたいと思っているからです。

今までの社会では、子どもは健康で身体にそれほど不自由なく、小学校・中学校・高校と問題なく通い、大学に入ってほどよく遊んでリッパな企業に就職することが普通とされてきました。
その過程で道を外れたり、ちょっと休んだりすることは許されません。遠回りは「サボり」や「逃げ」だとされて、あたかも「普通」でなければいけない、それ以外の生き方は「異常」扱いされて、無視されてしまいます。

ぼくたちチャリツモのメンバーの多くは、そうした一般的に考えられている「普通」のひとたちではありません。多くのひとが道を外れたり、道草をくったりしながら生きてきました。そして生きてくる過程で、生きづらさを感じても来たのです。

ぼくたちはそんな「生きづらさ」をきちんと見つめ、「そんな生きづらさを抱かなくてよい社会を作ろうよ」とみんなに伝えるために記事を書いているのです。

長くなってしまいましたが、最後にお願いです。

僕たちはこれから、不登校のみなさんが抱えている思いを集めて記事にしたいと考えています。

あなたは今、不安や悩みを抱えていますか?なにかに怒っているでしょうか?それともあんがい楽天的で、将来の進路に夢を抱いたりしているでしょうか。

不登校のみなさんの声を、聞かせてください。
お名前や顔写真などは載せません。誰か特定できる情報もないようにします。

もしも取材に協力するよーって思ってくれる方は、こちらにメールを送ってください。ツイッターのDMでもOKです。

ライター:
船川 諒
埼玉県久喜市在住のフリーランス。
WEBデザインをすることが多く、
このサイトも作っています。
表示が崩れていたらお知らせください。
猫を3匹飼っています。
昔っから重度の躁うつ病で、口癖は「死にたい」
お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする