Loading...
2016.05.14.Sat

ケニアのマゴソスクールがやってくる。 聞いて、見て、踊って、全身でアフリカを感じよう!

以前チャリツモでもお伝えした、ケニア・キベラスラムにあるマゴソスクール。(参考:ケニア・キベラスラムで子どもたちを支える「マゴソスクール」存続の危機。

マゴソスクールは、ケニア最大のスラム”キベラスラム”の中にあります。
1999年、スラムの貧困者の一人だったリリアンさんと、日本人の早川千晶さんが一緒に立ち上げた小さな寺子屋として始まった学校。創設から17年たった今ではおよそ600人もの子供たちが通っています。

今回はそんなマゴソスクールの運営に携わるメンバーが来日して、トークイベントを開催します。
マゴソスクールのイベントは、毎回パワフル。今回もトークの他に、ケニア在住8年のミュージシャン大西匡哉さんの伝統楽器のライブ演奏や、アーティストミヤザキケンスケさんによるライブペインティングが行われます。

ケニアのこと、キベラスラムのこと、マゴソスクールのことなどを学んだ後は、歌と踊りとライブペイントで、汗だく&クタクタになるまでおもいっきりたのしめます!

Facebookのイベントページはこちら→https://www.facebook.com/events/541041479403116/

 

『スラムで生き抜く500人の子供たちのビッグママ Vol.2』

アフリカトーク&ライブ&ライブペインティング

 

●日時:
2016年6月16日(木)
18:30開場 19:15開演

●ゲスト:
早川千晶さん(ケニア在住フリーライター)
リリアン・ワガラさん(マゴソスクール創設者)
ベゼカヤ・オギラさん(マゴソスクール教頭先生)
大西マサヤさん(ンゴマ奏者)
ミヤザキケンスケさん(アーティスト)

●場所:
豊洲文化センター 5F大ホール
東京都江東区豊洲2-2-18豊洲シビックセンター
地図 http://www.kcf.or.jp/toyosu/civic_map.html

●アクセス:
最寄駅
東京メトロ 有楽町線 豊洲駅下車7番出口より徒歩1分
新交通ゆりかもめ 豊洲駅下車改札フロア直結
銀座より地下鉄で15分

都バス利用
豊洲駅前下車 徒歩2 分
業10 新橋⇔とうきょうスカイツリー駅前行き

●入場料:
一般2,000円 学生1,500円
高校生500円 中学生以下無料

■お問い合わせ:
HakunaMatataHappyDays@gmail.com
担当 山田

 


 

アフリカ、ケニアのスラムにマゴソスクールをつくったリリアンさん、早川千晶さん、そしてキベラスラムで育ちリリアンさんとの出会いから子ども達の先生となったオギラ教頭先生来日!!トーク・ライブ・アートイベントを開催!!

アフリカの大地、ケニアの首都ナイロビにあるケニア最大のスラム、キベラスラム。このスラムに走る線路から路地を入り土壁やトタンでできた家々の隙間をしばらく歩いていくと、壁を超えて元気な子ども達の声と活気にあふれた音が耳に飛び込んできます。かわいい茶色と鮮やかなオレンジの制服を着た500人を超える子ども達が通うマゴソスクール。日本では感じることのないギラギラの日差しが差し込む教室で子ども達がぎゅっと肩を並べて座りながら一生懸命勉強をしています。

どん底のような貧困がはびこるキベラスラムの暮らしは、病気、強盗、大火事、空腹など辛いことも沢山あります。しかしそれでも日々の喜びや悲しみを共に分かち合う仲間たちがいます。近所の人々との助け合いと、ありとあらゆる工夫と努力によってスラムでは生き抜くことができます。

18人兄弟姉妹の長女リリアンさんは、病気で両親を亡くしてからキベラスラムで弟妹を支え、子どもたちだけでたくましく生き抜いてきました。

やがてリリアンさんは、同じように早くに親を失い、よりどころを無くした子どもたちを自分のもとに引き取り、小さな寺子屋をはじめました。
最初20人ではじまったその学校は、今では560人の子どもたちを抱える大家族になっています。

ケニアのキベラスラムでマゴソスクールを運営するリリアンさん。その姿、声、雰囲気を実際に目で見て、聴いて、感じてもらい、遠いアフリカ、ケニアを少しでも身近に感じてもらい、少しでも考えてもらうきっかけにしたいと考えています。

そして今回はキベラスラムで生まれ育ったオギラ先生も一緒に来日し私たちにたくさんのメッセージを伝えてくれます。

オギラ先生は現在29歳ですが、8歳のときに母親を亡くし、浮浪児となって生きてきました。そのとき一番下の弟は生後6ヶ月。浮浪児オギラ君(8歳)が、いかにしてこの赤ん坊を路上で育ててきたか。オギラ先生の話は笑いあり、涙あり、そのまま映画になりそうな波乱万丈の話です。お話しはいつもオギラ先生ならではのユーモアが溢れています。大人になったオギラ先生は、少年時代の話を、非常に細かく克明に覚えていて、詳細に渡って話してくれます。外で寝るとき最も寒くないスポットをどうやって探したか。服は一枚しかないけどどうやって切り抜けたのか。食べ物はどうやってゲットしたのか。そこに様々な登場人物が絡んできます。
少年時代にリリアンさんに出会ったことで、彼の人生が変わります。
その頃リリアンさんはまだ20代のはじめでしたが、リリアンさんという人は本当に、その当時から驚くべき慈愛の人であったということがオギラ先生の話から伝わってきます。
こんな少年オギラ先生の浮浪児時代のエピソードを、今回のイベントで一人でも多くの方に聞いて頂ければと思います。

“人生とは、それをどう受けとめるかということだ。
人生は簡単だと思ったら、簡単になる。
人生は大変だと思ったら、大変になる。
生きることをあきらめなければ、必ず道は開ける。“
オギラ教頭先生の言葉

公演ではケニア・ドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となったミュージシャン大西匡哉さんの伝統楽器のライブ演奏と、Over the Wallの活動名で世界中の壁に壁画を描くアートプロジェクトを続け、マゴソスクールの壁にも壁画を描いているアーティストミヤザキケンスケさんによるライブペインティングを行います。また、マゴソスクールの運営を支えるNPO法人アマニ・ヤ・アフリカがケニアで制作しているカンガや牛骨を使った様々な製品も見て頂けます。

 


 

ゲスト紹介

●リリアン・ワガラさん

マゴソスクール創設者。18人兄弟姉妹の長女。病気で両親を亡くしてからキベラスラムで弟妹を支え、子どもたちだけでたくましく生き抜きながら、同じように早くに親を失い、よりどころを無くした子どもたちを自分のもとに引き取り、マゴソスクールの前身となる小さな寺子屋をはじめる。

 

●早川千晶さん(はやかわ・ちあき)

ケニア在住28年。東京外国語大学インド・パーキスターン語学科ウルドゥ語専攻中退。1985年から世界各地を旅し、長い旅の末ケニアに定住。ケニア最大のスラム街、キベラで、孤児、貧困児童、労働させられていた子どもたちなど困難な状況下にある子どもたちを救済している駆け込み寺的な学校、マゴソスクールをキベラスラムの仲間たちと共に運営している。
1999年より日本全国でライブ&トークを行っている。著書「アフリカ日和」(旅行人)
マイシャ・ヤ・ラハ基金 http://www.maisha-raha.com/
マゴソスクールを支える会 http://magoso.jp/

 

●ベゼカヤ・オギラさん

現在29歳、8歳のときに母親を亡くし、浮浪児となって生きてきました。ユーモアに溢れ素晴らしい歌声の持ち主。現在はマゴソスクールの教頭先生として学校を支え子ども達を指導教育しています。

 

●大西匡哉さん (おおにし・まさや)

神奈川県出身、ケニア在住8年のパーカッショニスト。映像作家。ストリートミュージシャン、ジャムロックバンド「らぞく」、打楽器グループ「楽」「ブルケンゲ」で活躍、その後、2004年からケニアのミジケンダ・グループに属するドゥルマ民族の村で伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、センゲーニャと呼ばれる伝統音楽の修行を続け、20人目の息子となった。2004年、アフリカの伝統音楽家とそのコミュニティをサポートするためのプロジェクトJIWEを設立。知られざる伝統音楽の発掘、CD制作、音楽を通じての村おこしに取り組んでいる。

 

●ミヤザキケンスケ

1978年佐賀市生まれ。筑波大学修士課程芸術研究科を修了後、ロンドンへ渡りアート活動を始める。帰国後、NHK「熱中時間」にてライブペインターとして活躍。その他ケニアのスラム街の壁画プロジェクトや東北支援プロジェクトなど、日本各地、世界各国で多岐にわたって活躍中。昨年は3回目となるマゴソスクールの壁画プロジェクトを行ってきた。現在はOver the Wallの活動名で世界中に壁画を描きながら子ども達とのアート活動に取り組んでいる。
ミヤザキケンスケホームページ http://www.miyazakingdom.com/

ライター:
船川 諒
埼玉県久喜市在住のフリーランス。
WEBデザインをすることが多く、
このサイトも作っています。
表示が崩れていたらお知らせください。
来世では猫になりたいと思っています。 お仕事のご相談

お仕事募集中 ていねいな仕事! ハイクオリティ! たのんでよかった! さんぽうよし!

チャリツモのクリエイターにお仕事をまかせてみませんか?

私たちは、クリエイターがわかりやすく社会問題を伝えるメディア。だから、むつかしいことをわかりやすく伝えることが得意なクリエイターばかりです。

記事の執筆はもちろん、WEBサイトアプリ制作紙のデザインイラストマンガ動画制作などなど。いろんなスキルを持った仲間がいます。

ぜひお気軽にご相談ください!

矢印お仕事実績

矢印お仕事の相談をする